スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第7戦 ラリー・イタリア・サルディニア

[2018/06/12]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

6/7(木)~10日(日)の日程で開催された『ラリー・イタリア・サルディニア』。

地中海に浮かぶイタリアのサルディニア島を舞台とするグラベル(未舗装路)ラリーです。
サービスパークは島北西部の都市アルゲーロに置かれ、島の北側の広い範囲でSS(スペシャルステージ)
が行なわれます。
サルディニアのSSは、全体的に硬い地盤を軟らかい砂状のグラベルが覆う路面が多く、出走順
によって路面コンディションが大きく変わります。早い出走順の選手は滑りやすい砂状のグラベル
によってタイヤのグリップを十分に得られないためタイムを出す上で不利になります。
木々や岩がコースサイドに迫るSSも多く、道幅が全体的に狭いことから、他のグラベルラリー以上に
ミスのない正確なドライビングが求められます。
もっとも人気の高い観戦ポイント「ミッキージャンプ」はラリー・イタリア・サルディニアの名物
であり、コースサイドは毎年大勢のラリーファンによって埋め尽くされます。
シトロエン・レーシングは、このラリーに2台体制で参戦。

クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組

初日のSS1では M・オストベルグが9位、C・ブリーンが11位と出遅れる。

それでも不安定な天候でウェットコンディションとなった2日目を終え、M・オストベルグは
5位まで順位を押し上げ、C・ブリーンも7位まで順位を上げた。

上位陣のトラブルによるところが大きいが、その中でトラブル無く完走できていることは明るい
材料と言える。

3日目は好天に恵まれM・オストベルグは前日の5位をキープ。
C・ブリーンは6位に順位を上げた。

最終日も2台は大きなトラブルなく無事完走。前日の順位をキープしてフィニッシュとなった。
エースドライバーに据えていた クリス・ミーク/ポール・ネイグル組 を、事実上解雇し
エース不在、更に2台体制での参戦となっていることで、セバスチャン・ローブを呼び戻す
のではとの噂が出ていますが、さてどうなるのでしょうか?

混迷のチーム状況の中、今回のラリーでは2台共に大きなトラブルなく完走できたことで、
マシンの信頼性は確認でき、5位・6位での完走でポイントも獲得できました。

明るい兆しは見えていますので、後半戦に期待を持って見ていきましょう。

次戦はラリー・フィンランド。
7/26(木)~29(日)の日程で開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第6戦 ラリー・ポルトガル

[2018/06/01]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

5/17(木)~20(日)の日程で開催された『ラリー・ポルトガル』。

ラリーの舞台となるのはポルトガル北部で、大都市ポルトの西北に位置するマトジニョスにサービス
パークが置かれます。

ポルトガルの天候は比較的穏やかで、標高はラリー・メキシコのように高くありません。
使われるコースは特別高速なわけでも、極端に低速なわけでもなく、WRCの中でもっとも「標準的」
なグラベル(未舗装路)ラリーと言われています。

路面も全体的にフラットでドライバーは思いきりドライビングを楽しむことができるため、ラリーカー
が持っている真のパフォーマンスが浮き彫りになると昔から言われてきました。
シトロエン・レーシングはこのラリーに3台体制で参戦。

クリス・ミーク/ポール・ネーグル 組
クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組

マッズ・オストベルグは、第2戦 スウェディッシュ・ラリー以来の起用。

DAY2、DAY3は、荒れた路面に苦しむ車が多く波乱の展開に。

クリス・ミークはDAY2で速さを見せ、いくつかのSSでトップタイムをマークし一時はトップ
に立っていましたが、2度のパンクに見舞われ大きくタイムロス。
更にDAY3では、SS12の高速左コーナーでワイドに滑り、バンクに強打し林に突っ込んで
しまいました。
マシンは大きくダメージを受けここでリタイアとなりましたが、2人に怪我はありませんでした。

久々のWRカーをドライブするマッズ・オストベルグは、DAY2終了時点で6位。
DAY3では、コーナーで足下を執られてバンクに乗り上げ、大量にタイムロス。
5位とのタイム差が大きく広がってしまい、6位から順位を上げることができずに終えました。

クレイグ・ブリーンはDAY1のSS1で12番手タイムとつまづき、DAY2以後の
出走順が早いスタート順となり、グラベルコースの掃除役でタイムが伸ばせず、順位は
7位でラリーを終えました。
ラリー終了後の5/25 に、シトロエン・レーシングから クリス・ミーク/ポール・ネイグル組
の2018年WRC参戦を打ち切る決定を下したことが発表されました。

クルー自身の安全を脅かすような激しい事案を含めクラッシュが頻発していること、このためラリー
参戦に当たって危険のリスクが懸念されるとして、今回の決断に至ったと説明されています。

第3戦 ラリー・メキシコ では、表彰台にも上がっていただけに、とても残念です。


次戦 『ラリー・イタリア・サルディニア』は、6/7(木)~10(日)の日程で開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

中古車担当の おススメ特選車

[2018/05/20]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
イベント・キャンペーン
シトロエン三重四日市の 福島 です。

中古車担当の私が、おススメ車両をご紹介させていただきます。


今回は『DS4 SPORTS CHIC』をご紹介いたします。

DS4は、現在も新生『DS』ブランドの1モデルとして発売中です。
ラインナップは
 CHIC(1600CC ガソリンターボエンジン 6AT)
 クロスバック(上記同パワートレーン)
 CHIC BLUEHDI(2000CC ディーゼルターボエンジン 6AT)
 クロスバック BLUEHDI(上記同パワートレーン)

の4つを展開しています。

ミッションは全て6速オートマティックのみの展開ですが、今回ご紹介するのは、
なんと6速マニュアルミッション。

DS4発売開始の2011年から2015年まで設定されていた『スポーツシック』
というグレードです。
6速マニュアルトランスミッションに1600CCツインスクロールターボ付きエンジン
(200ps/5800rpm)を搭載。

CHICに搭載のエンジンよりもさらにハイパワーのエンジンです。


『DS4 スポーツシック』

・初度登録 2012年6月
・車検   2019年6月
・走行距離 17,000キロ

車両本体価格:169.9万円
(登録に係る税金、その他諸費用が別途必要です)

当店車両のセールスポイント
 ・希少なマニュアル車『スポーツシック』
 ・ブラックのレザーシート仕様
 ・走行距離 わずか17,000キロと年式の割に少ないです
 ・内装 使用感少なく比較的キレイです
 ・認定中古車保証(5年超 一部保証)が付帯
 ・当店屋内展示場にて展示中

是非ご来店いただき、実際にこのお車をご覧になってください。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第5戦 ラリー・アルゼンティーナ

[2018/05/08]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

4/26(木)~4/29(日)の日程で開催された『ラリー・アルゼンティーナ』。

アルゼンチン コルドバ州のリゾート地「ビジャ・カルロス・パス」を拠点とし、周辺の
広大な草原地帯や、険しい山岳地帯の未舗装路をラリーコースとしています。

4月下旬の南半球は秋の始まりで、急な雨や濃霧が出ることもあり天気が安定しない事が
多いです。

またこのラリーのグラベルステージは実にバリエーション豊富で、ハイスピードなSSと
低速でテクニカルなSSが入り混じり、ステージの途中にはジャンプや川を渡る場面も
現れます。
路面が砂状で軟らかくラリーカーが何台か走行すると深い轍(ワダチ)が刻まれるような
ステージがある一方で、路面が硬く締まり岩がごろごろと転がるようなステージもあり、
天候によってもコースの特性は大きく変わります。

時々刻々と変化する天候と路面コンディションにいかにうまく対応するかが、このラリー
を戦う上で重要なポイントとなります。
シトロエン・レーシングはこのラリーに3台体制で参戦。

クリス・ミーク/ポール・ネーグル 組
クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
ハリ-アル・カシミ/クリス・パターソン 組

ラリー序盤でクリス・ミークが好走を見せ、DAY2を終えた時点で総合2位、表彰台を
十分狙える位置に付けました。

クレイグ・ブリーンは、DAY1のSSで10番手タイムを出しましたが、
スタート前の
チェックポイント到着が遅れたため10秒のタイムペナルティを課され総合24番手と
大きく出遅れることに。
しかしDAY2は良い走りで総合6位まで順位を引き上げました。

ハリ-アル・カシミは、不慣れなコースにタイムがなかなか伸ばせずDAY2を終え総合15位。

しかしDAY3では悪夢が...。
前日総合2位のクリス・ミークが、コース上の大きな石を避けきれず右リアタイアをパンク。
これにより大幅にタイムロスし、総合8位まで順位を落としてしまいました。

更にクレイグ・ブリーンは、コーナーリングのミスから続くジャンピングスポットで
激しく横転し車を破損。
修復不可能でやむなくリタイアとなってしまいました。

最終日DAY4では、クリス・ミークが一つ順位を上げ総合7位でフィニッシュ。
ハリ-アル・カシミも最後まで走りきり、総合14位でラリーを終えました。
第5戦終了時点でのマニュファクチャラーランキングは以下の通り。

1.ヒュンダイ  144ポイント
2.フォード   129ポイント
3.トヨタ    124ポイント
4.シトロエン   93ポイント

今回のラリーも早さを見せながら、ドライバーのミスで順位を落としたりリタイアという
結果で、なかなかポイントを上積みできませんね。

次戦は『ラリー・ポルトガル』。
5/17(木)~20(日)にかけてポルトガル北部の大都市ポルトの近郊マトジーニョス
を拠点として開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

C3用 ラバーマット

[2018/04/26]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
シトロエン三重四日市の 福島 です。

発売以来大変好評をいただいている C3。

ドアサイドのエアバンプと呼ばれる樹脂モールが、全体の特徴的なデザイン
を更に際立たせていますよね。

ドア内側にもクボミをつけた意匠を施し、独特の雰囲気を醸し出しています。

C3のオプション品であるフロアマットは、一般的な起毛のようなタイプの
ものをご注文いただくことが多いですが、ラバータイプのフロアマットも
なかなか良いですよ。
エアバンプやドア内張りのデザインとの統一感が出てよりポップな雰囲気を
味わえますし、汚れてもジャブジャブと水で洗い流せるのでお手入れも
ラクラクですよね。

C3オーナー様、こちらのマットに変えてみませんか。

これからC3をご購入いただく方も、オプション品のラバーマット要チェックですよ。