スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第1戦 ラリーモンテカルロ

[2019/02/04]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

私ごとですが、今日は誕生日で 4X歳 となりました。

娘は小学校4年生で、10歳を祝う 1/2成人式なる行事があるそうで、娘の成長を
嬉しく思う反面、自分自身がもうこんな年齢なんだと自覚した1日でした。


さてそんな話題はさておき、2019年のWRCシーズンがスタートしましたので、早速
レポートいたします。

第1戦は伝統ある『ラリー・モンテカルロ』は、1/24(木)から1/27(日)の日程で開催
された。

シトロエン・レーシングチームは、2台のC3WRCをエントリー。

セバスチャン.オジェ/ジュリアン.イングラシア 組
エサペッカ.ラッピ/ヤンネ・フェルム 組

DAY1(SS1~2)

シーズン初戦でしかもチームを移籍したドライバーにとっては、新しいマシンでの初レース
ということもあり、各ドライバーとも様子を見ながらのスタートとなった。

そんな中、シトロエンの2台は初日まずまずのタイムを出し上位に着けることができた。

2位 S.オジェ/J.イングラシア組
4位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY2(SS3~8)

2日目は合計で6つのSSで構成され、その合計距離は今大会最長の125.12kmとなる。

我らがシトロエンの S.オジェ組は、この日を通して初日3位の T.ヌービル組
(ヒュンダイ i20クーペ)と一騎打ちという構図で、この日の最終はS.オジェ組が
わずか2秒の差で首位を奪った。

もう1台の E.ラッピ組は、走行中岩にリアをヒットしてしまいサスペンションを破損。
それにより大きくタイムをロスし順位を落としてしまった。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
23位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY3(SS9~12)

前日、わずか2秒差となっていたS.オジエ組とT.ヌービル組の首位争いは、この日も
昨日同様の接戦を繰り広げる。
お互いにタイムで抜きつ抜かれつを繰り返し、S.オジェ組が4.3秒に差を拡げて3日目
を終えた。

E.ラッピ組は、エンジントラブルにより残念ながらデイリタイア。
そのため、最終日には出走できないことになってしまった。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
リタイア E.ラッピ/J.フェルム組
DAY4(SS13~16)

S.オジエ組とT.ヌービル組が、わずか4.3秒差の一騎打ち状態で迎えた競技最終日。
スロットル系のトラブルを抱え「マシンが100%の状態ではない」というS.オジエ組
に対し、T.ヌービル組は、SS13~15まで3SS連続でオジェよりも早いタイムを刻んでみせる。
この結果、両者はわずか0.4秒差で最終SSに臨むことに。

その最終SS、出走順が先のT.ヌービル組は9分43秒で走り最終走者のS.オジェ組を待つ。
S.オジエ組は全てのギャラリーが見守る中9分41秒2で走りきり、T.ヌービル組のタイムを
上回って見せた。

この結果僅差で2台が競ってきた4日間のラリーは、僅か2.2秒の差でS.オジェ組が制した。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組

この勝利でS.オジェ組は、ラリー・モンテカルロ6連覇を達成すると共に、チーム移籍
初戦を白星でスタートさせることができた。

また、シトロエンにとってはブランド創立100周年のメモリアルイヤー初戦を勝利で飾る
と同時に、WRC通算100勝の節目の勝利となった。
この勝利で2019年シーズンを最高の形でスタートしたことになるが、E.ラッピ組の
マシンはエンジントラブル、S.オジェ組のマシンはスロットル系のトラブルと、マシンの
信頼性にまだ問題があるため、早急な改善が必要。

次の戦いは『スウェディッシュ・ラリー』。
2/14(木)~17(日)の日程で開催されます。