スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第10戦 ラリー・トルコ

[2018/09/20]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。


9/13(木)~16(日)の日程で開催された『ラリー・トルコ』。

ラリー・トルコは2010年以来、8年ぶりのWRC開催となる。
地中海に臨むムーラ県のシーサイドリゾート「マルマリス」のサービスパークを中心に行われる。
マルマリスの北側から西側にかけて展開するSSはグラベルで、主催者は風光明媚なコースを準備している。

9月のマルマリスは降水確率は比較的低い。リゾートを楽しむのには適した気候で観光のベストシーズン。
しかしラリーカーと選手にとってはかなり厳しい環境となる。日中は気温の上昇によりエンジンやブレーキ
の冷却性能が試され、選手は高温となる車内で集中力を保ち続ける必要がある。

今年8年ぶりにWRCとして開催されたラリー・トルコは、久々に真のラフグラベル・ラリーと形容すべき1戦となった。
マルマリスのすぐ近くに迫る山岳地帯のグラベルロードは荒々しく、路肩だけでなく道の中央にも大きな石が転がっていた。
このラリーにシトロエン・レーシングは3台のC3WRCで参戦。

クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組
ハリ-アル・カシミ/クリス・パターソン 組

練習走行のシェイクダウンではM.オストベルグが7位、C.ブリーンが8位と上位のタイムをマーク。

その後初日のSS1

2位 C.ブリーン組
8位 M.オストベルグ組
24位 K.アルカシミ組

C.ブリーンは速さを発揮し2番手タイムをマーク。

2日目(SS2~SS7)

C.ブリーンはSS2でトップタイムを出し総合首位に。その後も上位タイムで総合2位をキープしていたが、
2回のパンクにより大きくタイムロス。この日を8位で終える。

M.オストベルグも上位のタイムで総合3位まで順位を上げていたが、パンクに加えサスペンションを
壊してしまい、デイリタイアとなった。

K.アルカシミもターボにトラブルが発生しデイリタイアとなった。

8位 C.ブリーン組
10位 M.オストベルグ組
26位 K.アルカシミ組

3日目(SS8~SS13)

C.ブリーンは、この日も上位のタイムで総合6位に着けていたが、SS11でマシンから出火。
消火することができず全焼してしまい、残念ながらリタイアとなってしまった。

前日デイリタイアとなったM.オストベルグ組とK.アルカシミ組は、夜マシンを修復しラリーに復帰。
しかしM.オストベルグはターボにトラブルが発生し、またもやデイリタイアとなってしまった。
K.アルカシミは粘り強く完走した。

15位 K.アルカシミ組
28位 M.オストベルグ組
リタイア C.ブリーン組

4日目(SS14~SS17)

前日デイリタイアとなったM.オストベルグ組は、再びマシンを修復しラリーに復帰。
SS14、15、16と3連続でステージ2位のタイムをマークし、マシンの速さを証明して見せた。

15位 K.アルカシミ組
23位 M.オストベルグ組
リタイア C.ブリーン組

上位陣にも多くのトラブルが発生する中、シトロエン・レーシングの3台も苦戦を強いられたレースでした。

そんな中でも、序盤C.ブリーンがトップタイムを出し自身のキャリアで初めて総合首位に立ったり、
最終日、M.オストベルグがステージ2位のタイムを出すなど、チームとしてはポジティブな内容も多かった
ので、次戦以後の戦いに期待を寄せましょう。

次戦は『ラリー・グレートブリテン』
10/4(木)~7(日)の日程で開催されます。