スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第13戦 ラリー・オーストラリア

[2018/11/22]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

11/15(木)~18(日)の日程で開催されたWRCシーズン最終戦『ラリー・オーストラリア』をレポートいたします。

シーズン唯一のアジア太平洋地区イベントであり、かつてはオーストラリア西部のパースを中心に行われていた。
しかし2009年より拠点が東部に移り、現在はニューサウスウェールズ州北東部のコフスハーバーを中心に開催
されている。
サービスパークが置かれるコフスハーバーは、東海岸の大都市シドニーとブリスベンのちょうど中間ぐらいに
ある風光明媚な観光都市である。

ラリー・オーストラリアのSS(スペシャルステージ)は、その大部分がグラベル(未舗装路)で、ツイスティな
中低速コーナーとハイスピードコーナーが混在する、多種多様なコース設定が特徴である。
シトロエン・レーシングからは2台の C3WRC で参戦。

マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組
クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組

11/15(木)初日のシェイクダウンでは、C.ブリーン組が5位、M.オストベルグ組が11位。

15日夜から雨が降ったものの、走行開始前には降り止みドライコンディションで初日の競技はスタート。

1日目(SS1~SS8)
1位 M.オストベルグ組
2位 C.ブリーン組

グラベル(未舗装路)ラリーでは出走順の早い車は、滑りやすい路面でコースの砂利の“掃除役”を強いられる
ため、なかなかタイムが上がりにくい。

初日の出走順は、総合ランキング上位の車が先に出走するため、上位陣のタイムが上がらない中、シトロエンの
2台のC3WRCは、SS3この日最長ステージで M.オストベルグがトップタイム、C.ブリーンも2番手のタイム
を出し上位にジャンプアップ。
SS3の折り返しとなるSS6でも2台は M.オストベルグが1位、C.ブリーンが2位のタイムで、この日を2台が
ワン・ツー で終えることができた。

2日目(SS9~SS18)
4位 M.オストベルグ組
10位 C.ブリーン組

この日は2台ともになかなかタイムを出せず苦戦。
C.ブリーンは、SS12 でコース左の木に左リアをヒットしてスピンを喫し大きくタイムロス。
これで総合でも大きく順位を落としてしまう。

最終日(SS19~SS24)
3位 M.オストベルグ組
7位 C.ブリーン組

最終日、前日夜に降った雨の影響で滑りやすいコンディションのなかで争われた。
M.オストベルグにとっては、まだ表彰台を狙えるポジション。
SS20では3番手タイムで上位陣にプレッシャーを与える。
そんな中総合2位に着けていたトヨタのO.タナクが、SS23でコースアウトで木にヒット。
コースに復帰するもSS23を走りきれずまさかのリタイア。
これによりM.オストベルグは総合3位に浮上。
このSS23とSS24でも3番手タイムを出し順位を守った。

雨で滑りやすい路面のため、最終日終盤はリタイアが続出。
総合8位のT.ヌービル(ヒュンダイ)がSS22でリタイア、総合9位のT.スンニネン(フォード)がSS24でリタイア
したことで、C.ブリーンは最終7位で終えた。
M.オストベルグ組にとっては、第8戦 ラリー・フィンランドでの2位以来の表彰台。

チームにとっては、前戦 ラリー・スペインでの S.ローブ組 優勝に続き、2戦連続の表彰台獲得という
良い結果でシーズンを締め括ることができました。

2018年シーズンの最終結果

ドライバーチャンピオンシップ
1. S.オジェ(フォード・フィエスタ)
2. T.ヌービル(ヒュンダイ・i20クーペ)
3. O.タナク(トヨタ・ヤリス)
4. J.M.ラトバラ(トヨタ・ヤリス)
5. E.ラッピ(トヨタ・ヤリス)
6. A.ミケルセン(ヒュンダイ・i20クーペ)
7. E.エバンス(フォード・フィエスタ)
8. H.パッドン(ヒュンダイ・i20クーペ)
9. D.ソルド(ヒュンダイ・i20クーペ)
10. M.オストベルグ(シトロエン・C3)
11. C.ブリーン(シトロエン・C3)

マニュファクチャラーチャンピオンシップ

1. トヨタ・ガズー・レーシング
2. ヒュンダイ・シェル・モービル
3. Mスポーツ・フォード
4. シトロエン・トタル・アブダビ

シトロエンにとっては表彰台獲得のラリーもありながら、マニュファクチャラーランキングでは4チーム中最下位
という不甲斐ないシーズンだったと言えるでしょう。

来シーズンのドライバーラインナップとして、今シーズン含め6年連続のチャンピオン獲得を決めた現役ドライバー
では最強の呼び声高いS.オジェ。
今シーズンランキング5位の若手成長株 E.ラッピ の2人の強いドライバーの加入が決定しています。

今シーズン終盤の戦いで、C3WRC のポテンシャルが高いことは十分証明していますので、来シーズンの
戦いが今から楽しみですね。

2019シーズンの開幕戦 『ラリー・モンテカルロ』は、2019年1/24(木)~27(日)の日程で開催されます。