スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第3戦 ラリーメキシコ

[2019/03/12]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

第3戦となるラリー・メキシコは、3/7(木)~3/10(日)で開催。

今シーズン初のグラベル(未舗装路)イベントとなるラリー・メキシコ。

このラリーにシトロエン・レーシングは、いつもの2台体制で参戦。

S.オジェ/J.イングラシア組
E.ラッピ/J.フェルム組

DAY1(SS1)
SS1はグアナフアトの市街地で開催されるターマック(舗装路)ステージ。
途中トンネルを通過する箇所やドーナツターンを披露するセクション、フィニッシュ
手前にはジャンプ台も設けられたステージは、ラリー・メキシコではお馴染みのもの。

O.タナク(トヨタ)、T.ヌービル(ヒュンダイ)、S.オジェ(シトロエン)の走行を残した
段階で、E.ラッピ(シトロエン)が暫定トップ。

しかしマーシャルは、フィニッシュ手前のジャンプ台でE.ラッピやA.ミケルセン(ヒュンダイ)
が、フロントから着地しあわや前転というシーンを見て、このまま続行するのは危険
と判断し、3台の出走を残してキャンセルとなった。

出走しなかった3台には、キャンセル前最後の出走だったK.ミーク(トヨタ)と同タイム
が与えられた。

1位 E.ラッピ/J.フェルム組
3位 S.オジェ/J.イングラシア組(同タイムで5台)

DAY2(SS2~9)
荒れたグラベルでの本格的な走行がスタート。
この日は最高気温が31度まで達し、戦いの舞台も標高2,750m付近ということもあり、
エンジンやトランミッションに大きな負荷がかかる1日となる。

S.オジェ組は、SS3、5、6、8 の4つのSSでトップタイムを出し、総合1位に。
E.ラッピ組も大きなトラブルなく2日目を終えることができた。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
5位 E.ラッピ/J.フェルム組
 
DAY3(SS10~18)
この日も晴天で気温は30℃以上。
前日5位のE.ラッピ組は3日目最初のSS10、左コーナーでコースアウト。
マシンが崖上でストップしコースの半分を塞いでしまう状況だったため、ステージは
赤旗中断となった。
これによりフィニッシュしていなかったドライバーには、一律のノーショナルタイムが
与えられることに。
この時点でS.オジェ組はパンクによりスロー走行を余儀なくされていたが、このステージ
キャンセルによりタイムロスを最小限に抑えることができた。

S.オジェ組はSS10終了時点で総合2位に順位を下げたものの、その後SS13ではトップタイム
をマーク、王者らしい磐石の走りで総合1位をキープした。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
14位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY4(SS19~21)
S.オジェ組は2位のE.エバンス(フォード)と27秒差で最終日をスタート。
SS19、20を2番手タイム、SS21はトップタイムを出し、最終的に2位のO.タナクとは
30秒の差を付けての優勝となった。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
14位 E.ラッピ/J.フェルム組

第3戦終了時点

ドライバーズタイトルランキング

1. O.タナク(トヨタ)
2. S.オジェ(シトロエン)
3. T.ヌービル(ヒュンダイ)
4. K.ミーク(トヨタ)
5. E.エバンス(フォード)
6. E.ラッピ(シトロエン)
7. S.ローブ(ヒュンダイ)
8. A.ミケルセン(ヒュンダイ)
9. J.M.ラトバラ(トヨタ)

マニュファクチャラーランキング

1.TOYOTA GAZOO RACING
2.CITROEN TOTAL WRT 
3.PTHYUNDAI SHELL MOBIS WRT
4.M-SPORT FORD WRT

シトロエンチームとしては3戦連続で表彰台を獲得できており、マシンのポテンシャルの
高さを示すことができている。

第4戦は3/28(木)~31(日)に開催されるラリー・フランス。
地中海に浮かぶフランス・コルシカ島が舞台で、通称ツール・ド・コルスと呼ばれる。
シトロエンチームにとっては、母国開催のラリーとなるだけになんとしても良い結果を
得たいところ。

引き続きC3WRCの活躍を期待して応援しましょう!

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第2戦 ラリースウェーデン

[2019/02/28]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

第2戦となるラリー・スウェーデン(通称 スウェディッシュ・ラリー)は、
2/14(木)~2/17(日)で開催。

全14戦で争われるWRCイベントにおいて、全コース フルスノーとなる
レースはこのラリーのみ。

このラリーにシトロエン・レーシングは、2台体制で参戦。

S.オジェ/J.イングラシア組
E.ラッピ/J.フェルム組

DAY1(SS1)
20:00過ぎにスタートのナイトステージは、カールスタッドにある競馬場に
設けられた1.9kmの特設ステージで争われた。
2台のマシンが同時走行するスーパースペシャルステージとして行われ、
S.オジェ組は前戦のモンテカルロで最終SSまで接戦を演じたT.ヌービル組
(ヒュンダイ)との一騎打ちに臨んだ。
このSS1ではT.ヌービルに軍配が上がり、0.8秒差の総合2位となった。

2位 S.オジェ/J.イングラシア組
7位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY2(SS2~8)
初日2番手のS.オジェ組は、この日のSS6でスピンしコース脇の雪だまりに
捕まりスタック。脱出することが出来ずデイリタイアを余儀なくされた。

もう1台のE.ラッピ組は、SS5で大きくタイムロスし18位のタイムとなること
もあったが、それ以外のSSは一桁順位のタイムで踏ん張り、この日の最終
SS8では2番手タイムを出し順位を大きくジャンプアップさせた。

5位 E.ラッピ/J.フェルム組
46位 S.オジェ/J.イングラシア組

DAY3(SS9~16)
2日目デイリタイアとなったS.オジェ組はマシンテストにスイッチ。
それでもSS10、11、14でトップタイムをマークし、S.オジェ組の速さは
もちろん、マシンのポテンシャルの高さも証明して見せた。

前日5位のE.ラッピ組は、この日は大きなミスなく走り切り、SS12では2位、
SS13は3位、SS15、16は2位と上位タイムを出し順位を上げた。

3位 E.ラッピ/J.フェルム組
33位 S.オジェ/J.イングラシア組

DAY4(SS17~19)
前日3位に着けたE.ラッピ組は、SS17では3位、SS18では2位のタイムを出し、
前日2位のA.ミケルセン組(ヒュンダイ)と4位のT.ヌービル組(ヒュンダイ)
との接戦を制し、総合2位で終えることができた。

2位 E.ラッピ/J.フェルム組
29位 S.オジェ/J.イングラシア組
2戦を終えた時点で

ドライバーズタイトルランキング

1. O.タナク(トヨタ)
2. T.ヌービル(ヒュンダイ)
3. S.オジェ(シトロエン)
4. K.ミーク(トヨタ)
5. E.ラッピ(シトロエン)
6. S.ローブ(ヒュンダイ)
7. E.エバンス(フォード)
8. A.ミケルセン(ヒュンダイ)
9. J.M.ラトバラ(トヨタ)

マニュファクチャラーランキング

1.TOYOTA GAZOO RACING    58PT
2.HYUNDAI SHELL MOBIS WRT  57PT
3.CITROEN TOTAL WRT      47PT
4.M-SPORT FORD WRT       30PT

となっていますが、まだまだシーズン序盤。

次戦はグラベル(未舗装路)ラリーのメキシコ。
2戦連続で表彰台を獲得できていますので、次も期待して応援しましょう!


福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

運転免許更新

[2019/02/16]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
プライベートダイアリー
私ごとですが、2月4日の誕生日で 4X歳 となりました。

娘は小学校4年生で、10歳を祝う 1/2成人式なる行事があるそうで、
娘の成長を嬉しく思う反面、自分自身がもうこんな年齢なんだと
自覚した1日でした。

そんな話題はさておき、今回の誕生日で免許の更新があり、津の
運転免許センターで免許の更新手続きをしてきました。

運転免許を取得して20年以上ですが、お恥ずかしながら、これまで
一度も金色の免許を持ったことがありません。

今回も長い長い2時間の講習を、しっかり受講してきました。

新しい免許証を受け取る度に、次?もしくは次の次?には金色の
免許証をもらえるよう、安全運転を心掛けるぞ、と考えてはいる
のですが...。

シトロエンオーナーの皆様も、交通ルールを遵守し安全運転を
心掛けてくださいね。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第1戦 ラリーモンテカルロ

[2019/02/04]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

私ごとですが、今日は誕生日で 4X歳 となりました。

娘は小学校4年生で、10歳を祝う 1/2成人式なる行事があるそうで、娘の成長を
嬉しく思う反面、自分自身がもうこんな年齢なんだと自覚した1日でした。


さてそんな話題はさておき、2019年のWRCシーズンがスタートしましたので、早速
レポートいたします。

第1戦は伝統ある『ラリー・モンテカルロ』は、1/24(木)から1/27(日)の日程で開催
された。

シトロエン・レーシングチームは、2台のC3WRCをエントリー。

セバスチャン.オジェ/ジュリアン.イングラシア 組
エサペッカ.ラッピ/ヤンネ・フェルム 組

DAY1(SS1~2)

シーズン初戦でしかもチームを移籍したドライバーにとっては、新しいマシンでの初レース
ということもあり、各ドライバーとも様子を見ながらのスタートとなった。

そんな中、シトロエンの2台は初日まずまずのタイムを出し上位に着けることができた。

2位 S.オジェ/J.イングラシア組
4位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY2(SS3~8)

2日目は合計で6つのSSで構成され、その合計距離は今大会最長の125.12kmとなる。

我らがシトロエンの S.オジェ組は、この日を通して初日3位の T.ヌービル組
(ヒュンダイ i20クーペ)と一騎打ちという構図で、この日の最終はS.オジェ組が
わずか2秒の差で首位を奪った。

もう1台の E.ラッピ組は、走行中岩にリアをヒットしてしまいサスペンションを破損。
それにより大きくタイムをロスし順位を落としてしまった。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
23位 E.ラッピ/J.フェルム組

DAY3(SS9~12)

前日、わずか2秒差となっていたS.オジエ組とT.ヌービル組の首位争いは、この日も
昨日同様の接戦を繰り広げる。
お互いにタイムで抜きつ抜かれつを繰り返し、S.オジェ組が4.3秒に差を拡げて3日目
を終えた。

E.ラッピ組は、エンジントラブルにより残念ながらデイリタイア。
そのため、最終日には出走できないことになってしまった。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組
リタイア E.ラッピ/J.フェルム組
DAY4(SS13~16)

S.オジエ組とT.ヌービル組が、わずか4.3秒差の一騎打ち状態で迎えた競技最終日。
スロットル系のトラブルを抱え「マシンが100%の状態ではない」というS.オジエ組
に対し、T.ヌービル組は、SS13~15まで3SS連続でオジェよりも早いタイムを刻んでみせる。
この結果、両者はわずか0.4秒差で最終SSに臨むことに。

その最終SS、出走順が先のT.ヌービル組は9分43秒で走り最終走者のS.オジェ組を待つ。
S.オジエ組は全てのギャラリーが見守る中9分41秒2で走りきり、T.ヌービル組のタイムを
上回って見せた。

この結果僅差で2台が競ってきた4日間のラリーは、僅か2.2秒の差でS.オジェ組が制した。

1位 S.オジェ/J.イングラシア組

この勝利でS.オジェ組は、ラリー・モンテカルロ6連覇を達成すると共に、チーム移籍
初戦を白星でスタートさせることができた。

また、シトロエンにとってはブランド創立100周年のメモリアルイヤー初戦を勝利で飾る
と同時に、WRC通算100勝の節目の勝利となった。
この勝利で2019年シーズンを最高の形でスタートしたことになるが、E.ラッピ組の
マシンはエンジントラブル、S.オジェ組のマシンはスロットル系のトラブルと、マシンの
信頼性にまだ問題があるため、早急な改善が必要。

次の戦いは『スウェディッシュ・ラリー』。
2/14(木)~17(日)の日程で開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第1戦 ラリーモンテカルロ開幕!

[2019/01/24]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

いよいよWRC2019シーズン開幕戦『ラリー・モンテカルロ』が、1/24(木)まさに今日開幕します!

今年2019年は、シトロエンにとって1919年の創業からちょうど100周年を迎える節目の年。

そんな節目の年にかける意気込みは、言わずもがなというところでしょう。

ドライバー/コドライバーチャンピオン7連覇に挑むフランス人ペア
セバスチャン.オジェ/ジュリアン・イングラシア の2人。

そして、若手急成長中のフィンランド人ペア
エサペッカ.ラッピ/ヤンネ・フェルム の2人。

この2台の C3WRC のシーズンの活躍を期待して見守りましょう。