スタッフブログ

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第9戦 ラリー・ドイチェランド

[2018/08/30]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。


前戦フィンランドで、久しぶりに2位表彰台を獲得した『C3WRC』。
この勢いを持続させていきたいところ。

8/16(木)~19(日)の日程で開催された『ラリー・ドイチェランド』。

コースは全てターマックと呼ばれる舗装路だが、エリアによってコースの特徴は大きく異なる。
例えば、モーゼル河畔のブドウ畑の中の農道は、道幅が狭くツイスティでデコボコした路面。
また、道路脇の畑の土や砂利が入り込むため非常に滑りやすくなる。
名物であるアリーナ・パンツァープラッテのSSは、バウムホールダー軍事演習場の敷地内の道で
グリップ力がとても低く、コースの脇に無数に置かれる「ヒンケルシュタイン」と呼ばれる巨岩は、
コースアウトするとクルマに大きなダメージをもたらす。
それぞれの地域ごとに最適なクルマのセットアップは異なり、変わりやすい天気がセットアップと
タイヤ選択をさらに難しくする。
シトロエン・レーシングはこのラリーに2台体制で参戦。

クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組

テスト走行のシェイクダウンでは、
C.ブリーン組   7位
M.オストベルグ組 9位 

その後行われた1日目のSS1で、
C.ブリーン組   8位
M.オストベルグ組 21位

M.オストベルグは、ツイスティで上位陣も手こずるコースでコースアウトを喫し大きく順位を落としてしまう。

2日目(SS2~SS7)
C.ブリーン組   8位
M.オストベルグ組 11位

3日目(SS8~SS15)
M.オストベルグ組 9位
C.ブリーン組   10位

この日はバウムホールダー軍事演習場の敷地内コースを使ったSSで、M.オストベルグ、C.ブリーン共に
時折好タイムを出し上位へのジャンプアップも狙える可能性を感じさせたが、C.ブリーンは高速コーナー
でミスを犯しコースアウト。大きくタイムをロスしてしまう。
M.オストベルグは大きなミスなく、少しずつ順位を上げてきている。

最終日(SS16~SS18)
C.ブリーン組   7位
M.オストベルグ組 リタイア

前日は時折好タイムを出し、順位を着実に上げてきたM.オストベルグ。
しかし、この日のSSで高速コーナーでミスを犯しコースアウト。冷却系にダメージを負ったため走行不能
となりリタイアとなってしまった。
C.ブリーンは大きなミスなく走りきり順位をキープ。最終的に7位でラリーを終えた。
今回はC.ブリーン組の1台のみ完走7位という結果でしたが、リタイアしたM.オストベルグ組も
4日間のラリーを通して中位で戦うことができており、更に上位に食い込んでいくことを期待
したいですね。

次戦は『ラリー・トルコ』。
9/13(木)~16(日)で開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

C3 のシート

[2018/08/19]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
ショールーム日記
シトロエン三重四日市の 福島 です。

今回は、C3 のシートについて少しお話させていただきます。


シトロエンの歴代の車は、『快適な乗り心地』を実現させることを信条として造られてきました。

現代のC3も、この『快適な乗り心地』を実現させることを基本に考えられています。

昨年7月から日本での発売を開始した『NEW C3』。

このC3が初めてお店に届いた日にシートに座った時の感覚は、今でも忘れないぐらい印象に残る
ものでした。

文章でお伝えするのがとても難しいのですが、私なりの言葉でお伝えすると『低反発枕』のような
感覚。
表面を手で押したり、座った直後は、フニャっと柔らかく沈み込んでいくのですが、際限なく柔らかい
のではなく、ある程度の沈み込み量の所からしっかりした硬さがあり、着座した際にはしっかりお尻を
包み込むように抑えてくれます。

こんな表現力の無い私の文章では、なかなか伝わっていないと思いますので、是非ご試乗にてこのシート
の秀逸な掛け心地を体感してください。


福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

WRC第8戦 ラリー・フィンランド

[2018/08/09]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン三重四日市の 福島 です。

前戦から約ひと月のインターバルを挟んで、7/26(木)~29日(日)
の日程で開催された『ラリー・フィンランド』。

WRC全戦の中でもっとも平均速度が高いグラベル(未舗装路)ラリー。
かつてラリー・フィンランドは「1000湖ラリー」という名で開催されていた。
その名のとおり、フィンランド中央部の湖水地帯が舞台となり、森と湖のラリー
とも呼ばれる。
サービスパークはフィンランド中部の都市ユバスキュラに置かれ、サービス
パークを中心に森林地帯の道で競技が行われる。
シトロエン・レーシングはこのラリーに3台体制で参戦。

クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン 組
マッズ・オストベルグ/トシュテン・エリクソン 組
ハリ-アル・カシミ/クリス・パターソン 組

練習走行のシェイクダウンでは、M.オストベルグがトップタイムをマーク。
C.ブリーンも2番手タイムをマークし、この1ヶ月の間のアップデートが
正しい方向に向かっていることを証明して見せた。

1日目(SS1)
M.オストベルグ 6位
C.ブリーン 7位
K.アル・カシミ 32位

2日目(SS2~SS11)
M.オストベルグはシェイクダウンの好タイムを証明する走りを見せ、O.タナク
(トヨタ ヤリスWRC)とトップ争いを展開。
総合2位でこの日を終える。
C.ブリーンは、パンクと燃料系のトラブルに見舞われ大きくタイムをロスし
9位に順位を落とす。
K.アル・カシミは慎重な走りでトラブルなく走りきり、24位まで順位を
上げた。

3日目(SS12~SS19)
前日トップ争いを展開したM.オストベルグだったが、この日はO.タナクが
圧倒的な速さで差を広げられてしまう。
3位のJ.ラトバラ(トヨタ ヤリスWRC)ともタイム差を縮められながらも
2位をキープしてこの日を終える。
C.ブリーンはトラブルなく走りきったものの、出走順が悪くコースの掃除役
でタイムを伸ばすことができず、9位のまま。
K.アル・カシミはコースオフを喫し、デイリタイアとなってしまった。

最終日(SS20~SS23)
2位に付けるM.オストベルグは、トップのO.タナクを追いかけたいところだが、
O.タナクはこの日も圧倒的な速さを見せ逆に差を広げられてしまう。
3位のJ.ラトバラにもタイム差を縮められながら、なんとか総合2位で終える
ことができた。
C.ブリーンは最終日もトラブルなく走りきり、前日まで4位に付けていた
E.ラッピ(トヨタ ヤリスWRC)がクラッシュによりリタイアしたことで、
一つ順位が繰り上がり8位で終えた。
K.アル・カシミは前日デイリタイアとなったが、マシンを修理して最終日に
復帰。32位でラリーを終えた。
一時苦戦を強いられていた状況から考えれば、今回の2位表彰台獲得は再度
C3WRCの戦闘力を示すことができたと言えますね。

次戦は『ラリー・ドイチェランド』
8/16(木)~19(日)の日程で開催されます。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

中古車担当の おススメ特選車

[2018/07/29]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
スタッフのオススメ情報
シトロエン三重四日市の 福島 です。

中古車担当の私が、おススメ車両をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは『DS3 シック ETG5』

『DS』ブランドは、『シトロエン』ブランドの中の『DS』シリーズとして、これまで販売
されてきました。

2014年にシトロエンより独立したプレミアムブランドとして、『ジュネーブモーターショー
2015』にて、自社ロゴ『Spirit of avant-garde』(スピリット・オブ・アヴァンギャルド)
を謳うブランドテーマを掲げた、新型『DS5』を発表しました。

これ以後、『DS3』もフロントのフェイスデザインを一新し、引き続き販売さています。

今回ご紹介する『DS3』は、『シトロエン』の『ダブルシェブロン』のフェイスを持った
最終型のお車ということになります。
『DS3 シック ETG5』

ボディカラー:ルージュルビ×ブランオパール
初度登録 平成27年7月
車検切れ ご成約の場合は2年車検整備付 でご納車いたします

車両本体価格:139万円
(登録に係る税金、その他諸費用が別途必要です)

当車両のセールスポイント
 ・ワンオーナー 
  内外装ともに使用感少なく、目立ったボディのキズや内装の汚れなどはありません
 ・修復暦なし
 ・走行距離: 8,000キロ
 ・オプション装備品として
   純正ナビゲーション フルセグTVチューナー内臓
   ETC車載器
 ・認定中古車保証付
  1年間、走行距離無制限
 ・四日市店 屋内展示場にて展示中


是非実車をご覧にご来店ください。

福島 智朗 - Tomoaki Fukushima

フランス優勝!!

[2018/07/17]

スタッフ:
福島 智朗 - Tomoaki Fukushima
カテゴリー:
プライベートダイアリー
シトロエン三重四日市の 福島 です。

サッカー ワールドカップ ロシア大会決勝。
 
フランス vs クロアチア

深夜0:00からのキックオフでしたが、ご覧になった方も多いのでは。

シトロエン車のオーナーである皆さんは、もちろん フランス の応援でしたよね?


我らが? フランス代表 が、見事20年ぶり2度目の優勝を勝ち取りました!!

雄鶏の上の星は優勝の回数を示しており、今回の優勝で今後は2つ目の星を
付けることができますね。

1回目の優勝は、日本が初めてワールドカップに出場した1998年フランス大会。

開催国でもあったフランスが、自国開催で優勝という偉業を成し遂げました。

この時のチームは、今大会のフランス代表監督を務めたデシャンがキャプテン
でした。

デシャン監督は、選手としても監督としても優勝を経験する、という大偉業を
成し遂げたわけですね。


そんなわけで、フランス代表のワールドカップ優勝を機に、今年はフランスの年
としてシトロエンオーナーの皆さまと共に盛り上げていきたいですね。